2015年04月22日

神の子どもたちはみな踊る

「神の子どもたちはみな踊る」は村上春樹の短編集。
阪神淡路大震災の後に書かれた作品だ。
阪神大震災の数ヵ月後には地下鉄サリン事件が起こった。

当たり前だと思っていた平凡ながらも平和な毎日が、実は何の根拠もなく当たり前だと思っていた事に、失ってみて初めて気付く。

つい4年前の東日本大震災でも、倒壊、津波、原発事故によって多くの人達がそれを体験した。

大きな暗闇は我々の知らないところで、少しずつひっそりと進んでいる。
それに気付く人は少なく、日々の生活に追われた多くの人はその事実に気付かない。

ここ最近アメリカで、無闇に警官に銃で撃たれたというニュースが多い。
武器を持つ事で人間は普段持ち得ない暴力を行使してしまう。
武器を持った時に、えてして人は自分自身をコントロールする事が難しくなる。

武器を軍隊という言葉に置き換えてみよう。
軍隊を持ってしまったら軍隊を使う時が出てきてしまう。

両親を、娘息を、自分の伴侶を失って初めて気付いた時には遅過ぎるだろう。
怒りにまかせて復讐をしてみても、失った人は帰ってこない。

与謝野晶子なんて、自分に身の危険も及ぶ100年以上前の「親はお前を人を殺して自分も死ねといって育てたわけではないのです」とちゃんと言っている。

そうならないように、そして、今の子供達が成長した時に悲しい想いをさせないために、我々は真剣に「現在」に向き合う時ではあるまいか。

大事なのは努力することだ。
未来の日本は今の我々にかかっているんじゃないかな。
選挙に行って、自分の意思を少しでも反映させよう。
無投票選挙では何も変わらない。

https://youtu.be/v9Oo_wcLDYI
posted by SPEAK UP PROJECT at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

キッズオンライン「平和」コンセプトTシャツ

キッズオンラインという子供服を扱うサイトショップが、サーブ・ザ・チルドレンと提携してTシャツを発売しています。
売上金の一部はセーブザチルドレンを通して寄付されます。

http://www.kidsonline.co.jp/cgi-bin/omc?port=32881&req=static_peace2009.html
posted by SPEAK UP PROJECT at 20:31| Comment(52) | TrackBack(1) | 世界を変えるお金の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

セーブ・ザ・チルドレンへの参加

セーブ・ザ・チルドレン」の活動はアフガニスタンだけでなく、
グアテマラ、モンゴル、ネパール、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、エチオピア、コートジボワール、そしてに日本の子供たちも支援している。

支援内容は、教育・食料・医療・虐待問題・紛争および災害の緊急援助。


我々は下記の通りで応援できる。
・ 寄付
・ 提携サイトからの買い物(一部が寄付に)
・ 書き損じはがきを送る
・ バザー・チャリティイベント等の開催
・ リンクを貼る(知ってもらう)

・ 募金箱の設置
・ 文化祭キャンペーンへの参加(学校)
・ スポンサー契約(企業)
・ 従業員参画(企業)


【Save the Children】
http://www.savechildren.or.jp/index.html



posted by SPEAK UP PROJECT at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界を変えるお金の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

セーブ・ザ・チルドレン

sekaiwokaeru.jpg
「世界を変えるお金の使い方」
山本良一 責任編集
ダイヤモンド出版

お金という手段を使って、汚れっちまった世界を、わたしが(あなたが)どう変えていけるか というのを50の項目に分けて書いた本。

【4】 100円で出来る事 → アフガニスタンの子供に5冊の教科書を提供できる。(2005年発刊時点)

"セーブ・ザ・チルドレン" は、国連の「子どもの権利条約」を理念として活動している国際援助団体(NGO)。
特に発展途上国における、子供への虐待からの解放や人権獲得・向上に向けた支援をしている。


【Save the Children】
http://www.savechildren.or.jp/index.html
posted by SPEAK UP PROJECT at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を変えるお金の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

日本の教育

以前、日本の教育現場に「ゆとり教育」が導入された。
落ちこぼれが出ないようにするためだ。

結果、かつて世界トップクラスだった日本の学力レベルは著しく落下し、また厳しくやっていこう、となった。
そこが結局の議論点になっている。

ゆとり がどうのこうの、と議論する前に、教育として礼儀作法・道徳 に力を入れていかないと、日本自体に未来が見い出せないと思う次第。

posted by SPEAK UP PROJECT at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 困った政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

女性看護師4人を土下座1時間、言いがかり患者逮捕

今日こんなニュースが載っていた。

新潟県警新潟西署は9日、新潟市西区関屋堀割町、無職金田英俊容疑者(42)を威力業務妨害と暴行の疑いで逮捕した。

 発表によると、金田容疑者は1月29日午前1時頃、当時入院していた同区内の病院で、女性看護師4人を約1時間にわたって廊下に土下座などをさせて病院の業務を妨害したうえ、仲裁に入った男性医師(26)の顔を殴った疑い。

 金田容疑者は1月28日に内科系の病気で入院。同日深夜にナースコールで女性看護師を病室に呼んだ際、「来るのが遅い。顔を見て笑った」などと言いがかりをつけた。さらに、病院から出て行こうとしたため、看護師4人が引き留めたところ、「なぜ、言うことを聞かなければならないんだ。謝れ」などと言い、ナースステーション前の廊下で4人を土下座させたという。

 現場には、警察官も駆け付けたが、金田容疑者は間もなく転院。治療が一段落したため逮捕された。


goo ニュースより

おそらく病院側は通常の対応をしていただけであろう。
この、人の感情をないがしろにする言いがかりは何であろうか。
日本人の品位に非常に憂いをおぼえる記事だった。
posted by SPEAK UP PROJECT at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師不足・地方病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

コーヒショップは高温

northpole.jpg
まだまだ寒い日が続いている。 当然冬服を着込んで出かける。
出かけた際にコーヒーを飲みに立ち寄る。
そしていつも気になることがある。

コーヒー店の中の温度は少し暑過ぎではないだろうか?
もう少し下げても良いんじゃないだろうか。


だって、この真冬に店員が半袖シャツなんだもの。 そりゃ温度は高めに設定されてるでしょう。
ドトール、タリーズ、駅構内のBECK'Sなど、訪れた際には注意して見て頂きたい。 半袖シャツだから。

長袖シャツに変えるだけで、温度はあと2、3度下げても全然問題ないと思われる。

光熱費も抑えられ、環境にもやさしい。
如何だろうか?
ラベル:エコ 温度
posted by SPEAK UP PROJECT at 04:39| Comment(15) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

公共の場(電車内)のマナー 4

東京メトロのマナーポスター、今日は「庭でやろう」編。
人のふり見てわがふり直せ、ですね。

manner200810_pic.gif

ラベル:マナー
posted by SPEAK UP PROJECT at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

公共の場(電車内)のマナー 3

東京メトロのマナーポスター、先月に引き続きご紹介したいと思います。

manner200807_pic.gif
ラベル:マナー
posted by SPEAK UP PROJECT at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

公共の場(電車内)のマナー 2

東京メトロのマナーポスター、良い感じなのでもう少し貼りたいと思います。


manner200806_pic.gif

ラベル:マナー
posted by SPEAK UP PROJECT at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。